スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富国日本!

「商売」とはだいたいどんなものか。
たとえばうどんで考えてみようか。原料は海外から、オーストラリアから輸入する。オーストラリアのお百姓さんが、日本人の舌にあうような小麦を作る。そのための品種改良、栽培技術の確立などいろいろ工夫している。
収穫した小麦を粉にするかどうかわからないが、これを港まで運送業者が運ぶ。港から大きな船で日本に輸出される。
日本の港でおろされた小麦、あるいは製粉されたものが麺づくりの工場に運ばれる。
これを麺に加工しチェーン店のある各地に配送する。
店では、うどんの麺はもちろん、汁、きざみネギ、天かす、おでん各種、トッピングとして、ゲソ、空揚げ、かき揚げその他、を用意しお客さんに提供する。
こうして様々なメニューにたいして、お客さんはその味、その価格に満足する。店は売りあげとして現金を得る。
この売り上げから、家賃、人件費などの経費を差し引いて利益が出る。また、店を出した時の初期費用もある。これらを総合して利益が出る。
この利益状況でやっていけるんだったら「商売」は続く。
店にはさらにいろいろな工夫がある。
メニューをどうするか、季節的なものもあるだろう、またトッピングをどうするか、人気のあるもの、残ってしまうもの、さらにおにぎりも準備する、これらをいろいろ状況を見ながら最適なものにしていく。
そういう店の努力とお客さんの満足があいまって「商売」が回っていくことになる。
うどん屋でいえば安くておいしいものを素早く提供できたらやっていけるだろうと思う。
ほかにも立地条件として、例えばゲームセンターの横にあるとか、そんなことも考えられるだろう。
味付けとか、従業員の接客、提供するまでの手順とか、制服など、細かいところまで様々な工夫を積み上げて「商売」が成り立つ。
ここでみたいのは、外国も含めて様々な、ヒト、モノ、カネ、智慧、情報がお互いに関係し、依存し「商売」としてぐるぐる回っているそのことだ。
そしてこれを思い付き、実行に移した人がいることだ。その人が[起業家]なのだ。
起業家は社会という活物にアンテナを張り、そこから人々のニーズを感受してこういうぐるぐる回る「商売」を作り上げる。「無」から[有]を拵え上げるのだ。
そうして、一つの企業として雇用を生み、給料を払い、利益を上げ、納税する、というサイクルを回し始める。
その企業の根底には、たとえば行きつけのうどん屋であれば、やはり「使命」というものがある。
しからばこのうどん屋はいかなる使命であるか。
「食による幸福の提供」こう言えるんじゃないだろうか。食べたお客さんに満足、つまり、幸福を与える。
これを与え続けることができる限りこの「商売」は続けることができると思われる。
うどん屋をとりあげたけど、福山には一部上場の「福山通運」「洋服の青山」「ツネイシ」(今絶好調の造船会社)などで何万、すそ野まで入れれば何十万という人が働いている。
ヒト、モノ、カネ、智慧、情報がぐるぐる回っている。
この、ヒト、モノ、カネ、智慧、情報の車輪を回すひと、この人のことを経営者、そして、その最初の輪を回し始めた人、あるいはグループ、これを特に[起業家]という。

多くの国を経て、ヒト、モノ、カネ、智慧、情報が相互に依存しながら成り立っている。仏教でいう、時間縁起、空間縁起、起業家、経営者は、そういう時間、空間を上手にコーディネイトして「商売」のサイクルを回し始める。

こうしてあっちでもこっちでもぐるぐる回る。人、モノ、カネ、智慧、情報が回転する。
このぐるぐるの数が増え、回転数が上がり、ぐるぐるが大きくなることが、繁盛している、というそういう状況だろう。いわゆるGDP国民総生産が増大し続けることになる。
こうして「富」が生まれる、創出される。
「富」というのはたんに利益と言うだけではなく、ヒト、モノ、カネ、智慧、情報がぐるぐる回転する、そのエネルギーであり、その元はゲイツやジョブズがこの世になかったものを「商売」として現出させたその智慧であり、その勇気、であると思う。

では国がその智慧を使い、勇気を発揮して、巨大プロジェクト、例えばリニア新幹線、航空宇宙産業、新エネルギー分野、国防産業、海洋開発などに予算をドーンと付けて、ヒト、モノ、カネ、智慧、情報の巨大な車輪をまわし始めたとしたら。
国自体が起業家となって、巨大な経済の輪、富の輪、財の輪、を回し始め、経営を始めたとしたら。
日本には今、最先端のヒト、モノ、カネ、智慧、情報が眠っている。これを上手に回して新しい産業を起こしたなら。
国家自体が[無]から[有]を拵え上げるのだ。
しかしてその使命は。
「富による幸福の提供」ということではないだろうか。
国民はこの輪の中で幸福を実感し、自らも幸福の生産者として振る舞い活動し生きる。
これこそが「富国日本」ではないだろうか。

この「富国」マインドを持った政治家が民主党、自民党、その他の党にいるだろうか。政党があるだろうか。
政策集を比較すれば一目瞭然である。
幸福実現党、およびその政治家以外「富国日本」を創造するものは存在しない。


応援クリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。