スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「抑止力」認識が常識の、真正保守への政権交代が急務だ!

ポスティングをしていると番犬の威嚇に会うことがある。一瞬ひるむが、ひもの長さを見計らってそばを通ると、案の定吠えながら猛然と向かってくる。しかし、ひもの長さのつきるところで、がくっ、となる。見切ってるぜ、ふふ、と人間の優越性を示しつつポスティングを終える。

沖縄の海兵隊の存在につき、前首相の鳩山さんは、学べば学ぶほど「抑止力」の重要性が分かったと言っていた。
例えて言えばこの番犬がいることが「抑止力」である。
また、実際に犬がいなくても「猛犬注意」というシールがよく貼ってあるが、それだけでも、うっ、と思うので、「抑止力」である。

以前テレビで、空き巣被害が多発する地域があり、対策として「パトロール中」というシールを自転車に付け、日中動ける方に町中を走ってもらう、ということをした。これで空き巣被害は激減した。
この「パトロール中」自転車が「抑止力」である。
あるいは、子供たちの学校の行き帰りに父兄の方々の「見守り隊」がある。過去に凶悪な事件があったことにより始まった「見守り隊」。これも「抑止力」である。
犯罪はゼロにならない。必ず何らかの犯罪行為が毎日毎日発生しているという事実がある。取り締まる警察が必要なのは当然である。
そして何より、夜には戸締りをする。がっちり施錠する。あるいは「警備保障」のプレートが目立つ家もある。
「抑止力」でありまた「防衛」にもなっている。

沖縄、日本各地のアメリカ軍基地の存在は、様々な思惑はあるにしても、「抑止力」となっていることは間違いない。
日本国土に「猛犬注意」とシールが貼ってあるようなものであり、有事の際は、実際に猛然と吠えかかる。もちろん自衛隊もこれに呼応する。

狂犬のような北朝鮮、大中華を目指す中国、という国家に対峙している以上「猛犬注意」「パトロール中」「警備保障」プレートは必要なのである。

防衛予算は今5兆円程度であるが、今後の国防システム、技術開発、などに真剣に取り組むべき時が来た。予算をつけ研究開発する時が来た。
沖縄の負担の軽減をいうなら、沖縄から出ていけ、ではなく、最小限の人数でも防衛できる国防システムを開発することである。
しかしそのためには、本気で国を守る気概の政治家、政党が必要だ。
幸福実現党の主張するように日米同盟堅持。
日本独自では国を守れない以上、最強のアメリカ軍を離してはならない。新幹線とか今売りこんでいるが、もっともっと日本得意の最先端の分野でアメリカとの共同開発などを積極的にてがけるべきだと思う。
日米協力、協調ゆるぎなし、というメッセージを常に発信し続けることが日本の、そして東アジアの安定に寄与する、と確信する。

国がなくなれば、消費税云々も、派遣切りとか、格差とか、子供手当、郵政法案とか、もう無意味である。選挙も言論の自由もない。
国防なくして内政なし。

菅さんが第94代日本国首相となってしまった。
過去の発言を拾ってみると
「自衛隊派遣は憲法違反だ。だが私の発言は気にしないで欲しい」
「ミサイルが何発か飛んできたら考える」(テポドンについて)
「政権をとったら、すぐに出て行ってもらう」 (沖縄の海兵隊について)
「ブッシュ政権を非難したが、日米同盟は軽視してない。有事には守ってもらう」

ダメだ。
国を守る強い決意をもつ、「抑止力」認識が常識の、真正保守への政権交代が急務だ!

応援クリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。