スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

民主党政権自体が一種の疫病。



宮崎県の口蹄疫事件(あえて事件という)はついに全頭殺処分という最悪の事態となりそうだ。

「口蹄疫の牛豚処分32万3千頭に 政府、追加対策
 政府は19日、宮崎県での牛や豚の口蹄疫の感染拡大を防ぐため、追加対策を発表した。同県川南町を中心に発生が確認された農場から半径10キロ圏内のすべての牛や豚に20日にもワクチンの接種を開始、その後殺処分して感染拡大を封じ込めるほか、半径10~20キロ圏内は一度牛や豚をすべて出荷させ「緩衝地帯」を設定する。
 新たな殺処分対象は牛約5万頭、豚約15万5千頭の計20万5千頭。処分対象は18日までの分と合わせ約32万3千頭。あらためて政府や県の初動の遅れが批判されそうだ。
 鳩山由紀夫首相は「当面やるべきことはすべて迅速にやる。これで十分拡大を防げると思う」と述べ、自信を示した。宮崎県の東国原英夫知事は「政府の英断に従っていきたい」と評価した。

口蹄疫 10キロ圏内全頭処分へ 農水省 
2010.5.19 12:15
宮崎県で家畜の伝染病、口蹄(こうてい)疫が拡大している問題で、農林水産省は19日、発生地から半径10キロ圏内の家畜すべてにワクチンを接種した上で殺処分するなどの方針を固めた。同日午後に発表する。

これまでの殺処分は家畜伝染病予防法に基づき、感染の疑いのある家畜と、同じ畜舎の家畜が殺処分の対象だった。だが、発生拡大が衰えないことなどから、発生が集中する一定地域の家畜をすべて処分することで、他地域との緩衝地帯をつくることがねらい。

方針では、発生地から半径10キロ圏内では口蹄疫の症状を抑えるワクチンを接種し感染の拡大を抑えつつ、計画的に殺処分を進める。また、半径10~20キロ圏内では、家畜を食肉加工した上で、独立行政法人「農畜産業振興機構」が買い取ることを計画しているが、この肉は市場に出回らない。」

流出した原油を拡散しないように海面を防御シートで囲むが、そのように半径10キロ内の家畜すべてにワクチンを打ち、毒性を弱める。もちろんワクチンを打った家畜はすべて殺処分となる。
なおかつ、まだ火の回っていない建物を壊し延焼を防ぐように、周辺の10~20キロ圏の家畜を食肉加工する。取り壊された場所が更地になるように、これを緩衝地帯とする。

半径10キロ、20キロ圏の画像を見ていると、まるで核爆弾で殲滅された有様を想像してしまう。
この圏内の家畜はすべて突然消える。

ただ、このワクチン接種という方法でも抑えこめるかどうかはわからない。

「口蹄疫ワクチンは存在するが、基本的に使用しない。その理由は
100%の効果がないので、感染源になったり偽の安心を生む。現在あるワクチンは(生体内での免疫の)有効期間が6ヶ月で、個別の型にしか効かない。新たに感染した場合、排除するのではなくキャリア(潜在保菌患畜)となり危険である」

2000年、2001年とオランダ、韓国はこれで口蹄疫を終息させた。ただ、台湾では今でも発生しているという。
効を奏したとしても、3か月は新たな発生がないか、警戒しなければならない。発生がなければ「清浄国」となる。今日本は「非清浄国」(牛肉、豚肉を輸出できない)だ。
成功することを祈るばかりだ。

口蹄疫は畜産農家にとって悪魔に等しい疫病である。

「本疾病に対して治療が選択されることは基本的に無い。
致命的な病気ではないが前記のとおり偶蹄類が感染する伝染病の中でも最も伝染力が強く蔓延すれば畜産業界に経済的な大打撃を与えかねない疾病でもあるため、患畜として確認され次第、家畜伝染病予防法に基づいて全て速やかに殺処分される。」

「家畜の伝染病の中では最も伝染力の強い疾病でもあり感染動物からの体液、分泌物、糞便との接触だけでなく病原体が付着した塵により空気感染もする。空気感染では水疱が破裂した際に出たウイルスや糞便中のウイルスが塵と共に風に乗るなどして陸上では65km、海上では250km以上移動することもある。幾つかの例があるが実際に1967年から1968年のイギリスでの感染事例では、ドーバー海峡を越えフランスでの感染を起こした。また、1981年にデンマークからスウェーデンへと伝播している。」

空気感染する、だから、東国原知事以下、関係者は懸命に対応しているがあまりに今回のウイルスが強毒で伝染力が強く対策が追い付かない。
殺処分も、埋地も追いつかない。
現場は家畜にも人間にも阿鼻叫喚のような状況であるという。
畜産関係者の方のブログを読むと胸が痛む。

最初の一頭を見抜けなかったのは悔やまれるが問題はそのあとである。如何に拡大を防ぎ、抑え込むか。
感染が拡大し殺処分数が急激に増加しているときに、最高の責任者として先頭に立ち、宮崎県と一緒になって対策に尽力すべき赤松農相は何をしていたのか。
4月30日から、外遊していた。
連絡は受けていたはずである。状況は分かっていたはずである。
国民が宮崎で悲鳴を上げているにもかかわらず、5月8日に帰国したら真っ先に宮崎に駆けつけるところを、後援会に行ったという。
アホか!
このよそよそしさは何なのだろうか
また、外遊の間、職務を代行していた福島少子化相、一体なにをしていたのか。
「危機管理意識」が欠如している、というより前に「人間性が欠如している」としか感じられない。
口蹄疫の恐ろしさは知識としては知っていたはずである。
まさか鳩山さんがやっと「抑止力」がわかったように、口蹄疫の恐ろしさも帰国して5月10日に宮崎入りして、はじめて分かった、ということだろうか。
阪神淡路大震災の初動の遅れが思い出される。
まさしく「疫病神」だ。

さらに、「風評被害」が生じるとして報道規制をしいたという。今となっては、宮崎で何か起こっているのか分からないように隠した結果となっている。
状況を逐一報道し、このような対策を取りますから国民の皆様は安心してください、と政府が先頭に立って宮崎県に代わってメッセージを発すべきではなかったか。
初動における「報道のありかた」においても疑問が残る。

赤松農相、即刻辞任!マスコミの大合唱が自民党時代なら始まっているところだがどうもトーンが低い。
これも報道規制されているのだろうか、自主的に規制しているのだろうか。不可解である。
一番の問題は、困って助けを求めている国民に人ごとのように対応しているとしか見えないその態度だ。

民主党政権自体が一種の疫病である。
この政権については、わりと早期に発見できたので、ここは感染拡大を全力を挙げて封じ込めなければならない。

天孫降臨の地、宮崎が悲鳴を上げている。
民主党政権がある限り日本は「非清浄国」だ。
消毒して「清浄」な国にしなければならない。


応援クリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。