スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安倍総理、石原外務大臣、ついき防衛大臣で「国難打破」へ!

安倍総理、石原外務大臣、ついき防衛大臣で「国難打破」へ!

幸福実現党・こぶな将人氏のコラムから転載

国民の皆さんがご存知のとおり、自民党総裁選の結果、安倍元総理が勝利を収めました。私もたまたまリアルタイムでの中継を見ることができました。実質的に次回の総選挙で自民党が第一党になることが確実視されている中、いわば政権交代後の新総理選出といってよい選挙になりました。会場もそのようなことが十分に分かっているがゆえに、大変な緊張であったものと推測いたします。

今回の総裁選挙は、蓋を開けてみないと分からないという大変な激戦が予想されておりました。5名の候補者もそれぞれ実力者であり、民主党とは好対照をなすことになりました。

さて、民主党の面々と比較すると、5名の候補者いずれもが、安心できるものがありましたが、今回の総裁選挙はいわゆる消去法で決定した観もあります。

本来は、国民的な人気という意味では石原氏がダントツではなかったかと思いました。しかし、都知事の尖閣購入に関わる一連の混乱の中で、あたかも「石原都知事は伸晃氏の総裁選挙のために尖閣問題を利用した」などという噂(チャンネル桜からの発信が最も印象的でした)がネットでも一気に広がり、または、谷垣執行部を支えないといけない立場なのに、主人を裏切りあたかも「明智光秀のようだ」などという話もありました。

これは本来の政策論争、または、次期総理を選ぶときの基準にはなりえないような話ではありましたが、都知事には正面立って批判できないマスコミもこの動きに乗じて、 国民もほとんど石原氏には見向きをすることがなくなってしまいました。しかしながら、国政の現場にいる国会議員の方々は、さすがによく分かっておられたようで、石原氏支持がトップであったようです。

さて、最終決戦になった石破、安倍の両氏を比較したとき、日本の伝統的な考えとして、一回総理を経験した方が再登板をするということは、戦後政治史の中ではなかったことでありました。しかし、現在の国難がいかに厳しいかということがもっとも大きかったと思いますが、そのほかに、どうも石破氏が本当に総理総裁の器足りえるか、という根本的な疑問を多くの「国会議員」の方が持ったがゆえに、消去法で安倍氏に至ったと思いました。

もちろん、個人的にも安倍氏について望ましいと感じたことは言うまでもありません。一度経験されたことが強みになりますし、安全保障以外にも経済政策としても以下のことを主張されていたようです。

①消費税増税は、デフレ脱却後(=2014年の消費税増税は実質的に行わない)
②公共事業を推進
③インフレ目標3%(日銀法改正も視野)

これは、幸福実現党が、主張してきたこととほぼ一致しています。

冒頭に申し上げたように、次期総選挙は、遅くても2013年9月までには行われます。そしてその結果、自民党が第一党になることが予想されています。残念ながら幸福実現党としては、議席獲得がまずは、目標になっていますが、本日の総裁選挙で安倍氏が当選をしたことにより、一気に日本の未来が明るくなったといえます。

そして、来年、総選挙、参議院選挙を経て、私たち幸福実現党ついき党首がバッチをつけ、国会議員となった暁には、ぜひ、政権入りを果たしていただきたいと強く願うものです。自民党政権としても、幸福実現党の政策発信力はすでに、世界的になっています。ぜひ、ついき党首には、防衛大臣の責を担っていただきたいと勝手に思っています。

そして、中国からの脅威、いわば平成の元寇に立ち向かうもうひとつのポスト、外相には石原伸晃氏を充てることにより、協力な救国タッグを組み、チンギスカンを彷彿とさせる中国の習近ペー氏を撃退していただきたいものです。これで、このブログタイトルにもありますように日本にゴールデン・エイジが近づいていくのではないでしょうか。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。