スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「平和」と向き合う

「平和」と向き合う

幸福実現党・木下まこと氏のブログから転載

 最近の尖閣諸島をめぐっては日中の「上陸合戦」ともいえるような動きが激化してきました。尖閣諸島は明確にわが国固有の領土であり、中国政府として尖閣諸島が日本の領土であると認めていた公文書も現に存在します。ところが、周辺の海底に油田がある可能性が指摘されてから後、途端に態度を変えて「尖閣諸島は中国のものだ」と主張し始めました。

 しかし、テレビ等ではこうした歴史的経緯の説明はほとんど見られず、ニュースの題材として「出来事」のみを報道しますので、視聴者の中には「なにか、厄介な事になってるな」というくらいの感覚の方も多いでしょう。中には「いろいろ考えると難しいし、面倒だから、もう(中国に)あげちゃえばいいよ」と言ってしまうくらいの感覚の方もいらっしゃいます。

 私は、これまでにブログや演説等において、尖閣諸島や沖縄の地理的重要性について訴えてまいりました。わが党としても、そうした切り口を中心に安全保障強化を唱えて参りました。しかし、今回はもう少し角度を変えて、別の視点でもって、あの「小さな無人島」を守らねばならない意義について考えていきたいと思います。

 領土問題は世界的にあちこちに存在する問題ですが、その原因は領有を主張する国同士の意見が異なることによって発生します。そして、領有の主張を実現するには国際社会が認めるに足る「正当性」が求められます。ですから、互いの国同士で「正当性」を主張しあいます。その判断においては、どちらに、より確かな、より多くの正当性が存在し、公に通じる正義があるかという視点で判断しなければなりません。公に通じる正義とは、国際社会のルールに認められる正義であると言い換えてもよいでしょう。

 国際社会のルールとは、一つの地球で人類が共存共栄していくために生み出した「秩序」のことであります。国際ルールは、世界の秩序を可能な限り維持するために形成されています。秩序のない世界は「無秩序」の世界です。軍事力のある国が際限なく支配を及ぼし、力及ばざる者は滅ぼされていくという「弱肉強食」の世界そのものとなります。

 現代の国際社会は、誰もが持ちうる支配欲求を自らで抑制するために、ルールを共有することで戦争という形の暴発リスクを最小限に押しとどめようと努力しているのです。その努力とは ルールに最大限の力を持たせることを意味します。仮に、力あるものが武力でルールに挑み、ルールが屈服し、機能を失った場合、世界に無秩序の芽が生まれたこととなるでしょう。

 わが国はGDP第3位の世界大国として、この国際秩序(ルール)の維持に尽力するという大いなる義務があります。先進国を代表するリーダー国として、世界秩序と平和を維持する国際的責任を担うべき立場にあるということです。そうしたことを、我われ国民一人ひとりがより深く共有することで、尖閣諸島事案をはじめとする領土防衛に対する捉え方も変わってくるのではないでしょうか。

 つまり、領土防衛の意義として、わが国自身の領有権にかかわる防衛意義や、東アジアの平和的軍事均衡を保つにおける地政学的防衛意義のみならず、国際平和ルールの効力を維持・向上するにおける防衛意義に基づいた行動が求められるという事です。

 しかし、現実の政治の世界ではこれとは真逆の動きがとられていることが残念でなりません。先般も、海上保安庁の巡視艇に突っ込み、不法入国の末に魚釣島に上陸した中国人活動家が「超法規的措置」でなんのお咎めもなく中国に返されました。中国人活動家により破損させられた海上保安庁の船は、日本国民の税金で修復されることになります。巡視艇は海のパトカーです。外国人が日本のパトカーを傷つけて、さらに不法入国を犯しても無罪放免ということでは、国際社会に非常に誤ったメッセージを発信してしまいます。

 わが国は、世界で最も平和を愛する国民として、国際社会の秩序を維持するに力を注がなければなりません。悪を犯させない正義を実現するには、相応の自衛のための軍事力を保持し、悪を押しとどめる抑止力を保持する必要があります。

 今、我われ国民一人ひとりが真剣に「平和」について語り合うべき、時代の境目にきていることを強く感じます。

木下まこと
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。