スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「日本再生戦略」原案 より大胆な施策で消費増税不要に

「日本再生戦略」原案 より大胆な施策で消費増税不要に
2012.07.11 ザ・リバティweb



政府が作成した2020年度までの成長戦略「日本再生戦略」の原案が9日、明らかになった。10日付日経などが報じた。



これは、菅政権が2010年6月に閣議決定した「新成長戦略」を練り直したもので、2020年度までの経済成長率の平均を「名目で3%、実質で2%」にすることを目標とする。11日に開く国家戦略会議で原案を決定し、今月下旬に閣議決定する方針。11分野で38の施策を掲げており、例えば次のようなものがある。



・環境関連で50兆円超の新規市場と140万人の新規雇用を生み出す。

・医療・介護分野で50兆円の新規市場と284万人の新規雇用を生み出す。

・経済連携協定(EPA)締結国との貿易額の割合を現行の18.7%から80%に増やす。

・鉄道や上下水道などのインフラの海外輸出の市場規模を19.7兆円に。

・日本文化の輸出(クールジャパン)の市場規模を17兆円に。



確かに、これらが実現すれば関連の分野や個人が潤うが、達成は難しいと見られている。例えば、EPA締結国との貿易額を80%まで増やすには「環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)を実行しないと実現できない」(経済官庁幹部)が、TPPには民主党内で反対意見が強くある(産経新聞)。



また、今回の施策は基本的に、すでに存在しているものの延長で、実現しても私たちの生活に大きな変化はない。だが例えば幸福実現党は、リニア新幹線や宇宙産業といった未来産業への大規模投資(10年間で200兆円)を政策案として打ち出している。こういった構想なら、国民は「実現したら、自分はどんな日本に住むことになるのか」とワクワクして想像し、未来に対して夢を抱くことができる。



米ケネディ大統領は1961年、月面に人を送るというシンプルな目標を宣言した。それをアポロ11号が9年目に達成し、米国は航空宇宙産業面で大きな進歩を遂げた。本来、成長戦略には、それぐらいワクワクさせる何かがほしい。その結果、夢のある未来が実現し、景気はよくなり、増税の必要もなくなれば言うことはない。(居)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。