スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界に現れる夜光雲は、寒冷化現象の影響か?」

「世界に現れる夜光雲は、寒冷化現象の影響か?」

【オーパの幸福実現党応援宣言!】より

民主党と自民党の暴挙で、増税法案が、衆議院を通っちゃいましたね(怒!)。

野田佳彦首相は、もう言語道断なんですが、自民党の谷垣総裁も財務省に乗せられて日本亡国の道へ舵を切ってしまったということは大きな罪ですね。

そういうことを知らないんでしょうな。

2人とも堕ちるところまで落ちるつもりでしょうかね。


話は変わりますが、「InDeep」さんのブログで『謎の「光る雲」がどんどん高度を落としてきている』という興味深い記事を見ました。
http://oka-jp.seesaa.net/article/277346364.html

「光る雲」とは、「夜光雲」というものらしくて、調べてみたら、地上約75~85kmの中間圏界面付近にできる雲で、最近は世界各地で観測され、日本でも最近仙台で見られたそうです。

夜光雲の青白い輝き、カナダ(ナショナルジオグラフィック)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=2011070801&expand#title

最近、日本では異常現象がとても多くてちょっと気にはなっています。

去年は、北の方では豪雪だったし、今年には、つくばで竜巻があったり、5月には各地で雹が降ったりしました。

6月に入ったというのに気温はあまり上がらず、肌寒い夜も少なくありません。


幸福の科学では、「温暖化」ではなくて、「寒冷化」に向かっているということい立場をとっています。

この「夜光雲」も見た目はとても綺麗なんで、良い前兆であれば問題はないのですが、そうでもないような感じです。


昨日のTVでも、ミニ氷河期がいつ来てもおかしくないような発言を専門家が言っていました。

以前に『国立天文台が発表した「4極化する太陽磁場」―太陽のポールシフトは地球にどのような影響をもたらすのか?』という記事を書きましたが、おそらく太陽の磁場もこの夜光雲に関係があるのでしょう。


本来高緯度地域しか発生しないはずの夜光雲が、なぜ各世界地に出現しているかは謎でありますが、それだけ地表の気温が下がってきているのではないかと思えるのです。


『アトランティス文明の真相』―「アガシャ―の霊言によるアトランティスの滅亡の真実」にあるように、

世界は温暖化していると様々なところで騒がれていますが、実は寒冷化しているのです。

地上の二酸化炭素が増え、それが高い空に舞い上がり高い濃度で溜まると、雲はドライアイスの粒をたくさん作り、雹や雪に変わり、地上に降り始めるのです。

そう、二酸化炭素はドライアイスの元なんです。

大気圏中の二酸化炭素濃度が高くなるということは、実は地球を温暖化するのではなくて、実は寒冷化するのです。

いま世界は、温暖化対策をとっていますが、反対に寒冷化に向かっているのです。

「そして、現文明も雹や雪で覆い尽くされるようになるでしょう」とアガシャ―は語っています。

過去にあったアトランティス文明は、神々の怒りをよび、大陸が一昼夜にして海中へ没しました。


今、悪魔とかした国会は、増税亡国への道をひたすら突き進もうとしています。

震災を機に増税をかけるという暴挙は、日本の神々の怒りを買うことは必至でしょう。

せめて、小沢氏が最後の仕事として民主党をぶっ壊してほしいと願っている人は数多いことでしょう。


日本が火山の噴火、大地震、そして雪や雹で埋め尽くされないことを祈るばかりです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。