スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尖閣・沖縄はわが国「最大の核心的利益」

尖閣・沖縄はわが国「最大の核心的利益」

幸福実現党の木下まこと氏のブログから転載。

 日本は海に浮かぶ小さな島国です。資源も乏しく、他国との自由な貿易があってこそ、今日の国民生活が成り立っています。

 日本の貿易に占める輸送割合(量)の99.6%は海上輸送であり、石油に代表されるようなエネルギー資源のほとんどすべてを海上輸送に頼っています。日本の「繁栄」は、ほぼ100%「海の平和」にかかっているといえるのです。

 なかでもエネルギー資源の輸入に際しては、これまたほとんどすべての船が「沖縄」海域を通ります。つまり、日本の繁栄は、ほぼ100%「沖縄の海の平和」にかかっているのです。沖縄の海の平和がなければ、日本の「平和」はありません。

 国家の平和とは、互いの国民の生命・財産・安全の「自由」を保障し認め合える状態です。国家の自由として最も重要な自由は、他国から「干渉されない自由」であります。その意味で、国家の平和と自由は表裏一体であるといえるでしょう。

 それでは自由とはいかにして、保持すべきものなのでしょうか。憲法によれば「国民の不断の努力」によって、絶えざる努力によって、「自由を保持」せよと記されています。平和と表裏一体の自由を保持するには、国民の不断の努力が不可欠であります。

 今年に入ってから中国は、尖閣諸島を核心的利益と新たに位置づけ、領有権の主張をさかんに強めています。中国が「核心的利益」という言葉を用いるときは、武力行使をいとわないという強い意味合いが込められています。

 現実に、核心的利益として名指しされた「チベット」、「東トルキスタン」、「南モンゴル」は中国から侵略され、目を覆うような弾圧を受け続けています。そうした地域と同列に、今、「尖閣諸島」が置かれているのです。

 しかし、尖閣諸島は間違いなく日本の領土であり、沖縄の行政区域であります。そしてなにより、冒頭より記していますように、尖閣諸島を含む沖縄の領土・領海は日本国民にとって『最大の核心的利益』なのです。

 中国の領有拡大、侵略的行為に対して「尖閣は日本の固有の領土である」と、声を上げなければならないのは、我われ、国民一人ひとりであると考えます。それは別に政治家のみに託すべきものではありません。また、沖縄県の方々でのみ考えることでもありません。地域や職業を超えて「国民の意志」を「声」に出し、「行動」に変える時が、今であると思うのです。

 九州には、防人精神の土壌があります。北九州方面には古来、朝鮮や中国からの侵略を跳ね返してきた歴史があります。太平洋戦争では、沖縄を助けるために特攻隊を編成し、鹿児島の基地から幾度も若い銀翼が飛び立っていきました。そして、私の住む大分県は最後の特攻隊が出撃した地でもあります。

 そうした個別の作戦自体には、別途賛否の判断はありますが、先の戦争において沖縄が本土から見捨てられたという事実はありません。そしてまた、そうした歴史を引き継ぐ現代においてもその思いは変わらないものであると我われは信じ、行動しています。特に、ここ九州と沖縄は宿命的なまでに強固な「絆」で結ばれているのです。


 「愛しているから、守りたい」

 幸福実現党は、沖縄・九州防衛プロジェクトを始動しました。中国の野心的領土拡張欲から尖閣・沖縄を守り抜き、わが国の平和とさらなる発展を築くために、大分県本部一同総力を結集して「国難突破」運動を加速させてまいります。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。