スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地域主権と国家主権の理念はやがてぶつかる」

大阪維新の会の維新塾に数千人の応募があるところを見て、中国は好都合と思っているだろう。
彼らの地域主権は地域造りでであって国家造りではない。原発反対の表明もしているし、次の選挙ではここが躍進することは目に見えている。

地域主権を支持し、マスコミをその方向で焚きつけるだろう。日本を沖縄、あるいは中国に一等地を売却した新潟のようにしたいだろう。
道州制の、各州は当然経済発展を望みもそこのところに中国が入り込む。中国人観光客、買い物客をひきいれ、沖縄のように入国しやすいように制度を整えるだろう。九州、日本海方面に沖縄のような動きが始まるかもしれない。
こうして、期せずして、地域主権のおかげで中国は入り込むことができるだろう。

ただ、地域政党が国政に進出したとしても、やがて、地域主権と国家主権の理念がぶつかる。一直線には進まない。

ともあれ、最悪のシナリオ、経済振興の幻影に目がくらんで、知らないうちに中国が入り込んでしまう危険性のあるものが地域主権だ。
中国も、北朝鮮も、強力な軍事独裁中央集権国家だ。これに応対すべきは中央集権国家であることは当然であるだろう。

沖縄の現状を見ていれば、地域主権はあり得ない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。