スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「プレイヤーの問題」

サブプライムローン問題、リーマンショック、日本のバブル崩壊、これらによって何やら自由資本主義自体が悪であるという風潮、風評、報道があるが、これはあくまでもプレイヤーの問題である。

資本自由市場は自由性の中での資本の流通、金融商品にしても世界の富、マネーの流通による経済の拡大、投資によるイノベーションを促す、マネーのフィールドにすぎない。野球やサッカーと同じ「スタジアム」
にすぎない。

どのようにプレーするかは各人の心次第。善なる心でもちいれば、さらなる経済発展、繁栄による幸福を得られるだろう。

悪なる心で、欲望で運用すれば弱肉強食のマネー阿修羅的闘争と破壊につながるだろう。
ここにおいても、要するに、愛の心があるかどうか、ということになる。
一切は心のあらわれ、三界は唯心の所現、経済行為も突き詰めれば心の行為である。

松下幸之助氏は水道哲学を唱し、家電製品の利便性を提供し生活、人生を潤した。
トヨタも本田も、車という品物を提供することによって、移動の自由、時間の短縮、人間の行動の幅を広げ質を高めた。

「売れる」という商売的勘はあったはずである。しかしこの「売れる」の思いの中に、何かしら崇高な感覚、お役にたつという思いがあるかどうか、ここに、畢竟、資本主義も原点があると考えられる。
与える愛の宗教的経済家、宗教的経営者が地球ユートピア化の具体的な繁栄をもたらすだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。