スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「因果のダイナミズム感覚の欠落」

問題は、物事が変転、変容するという感覚の欠如、言葉を変えると、因果のダイナミズム感覚の欠落ということだ。
どういうことかというと、現在の政治家の多くは物事を静的に、スタティックに、一枚の図のように見ているということ。たとえば、財政のバランスということをしきりに言うが、財政状況の図、のみに視点を集中しているということだ

そうすると、今のままでは社会保障、年金が破たんする、よって増税しかないということになる。
財政状況は結果である。当然、果に至る因がある。少なくとも果を見て云々ではなく、因の所をどうするか、という議論があってしかるべきであろう。
しかし、果の所、財政状況のみを見、その改善、そのための増税を天命としているかのごときふるまいと議論である。

日本という国家には財政状況図しかないのか、と言いたいところである。
因の所に目を向ければ、当然、景気をよくしようという議論が盛り上がるはずである。一部にはそういう政治家もいるにはいる。

物事の因果のダイナミズムを見ることを「正見」というなら、国家に携わる政治家は「正見」を当然のこととして持っていなければならない。
しかしなから現状は、果に硬直している、というべきであろう。

もっと心を柔軟に多方面から考察し、そののち、最良の政策を実施する、これが基本的な態度であるが、残念ながら、国防においても、経済においても、教育、もちろん社会保障や税制においても「正見」がない。つまり物事を因果のダイナミズムの中での変転、変容としてとらえる感覚がない。

「正見」を持つ政治家あるいは政党の登場が望まれるところではある。それは宗教政党幸福実現党しかない。
なぜなら、常に「正見」を学び「正論」を発信し続けているのが幸福実現党しかないからである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。