スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「常勝思考、繁栄思考」

まあね、欲にまかせて事業を拡大すると最後は破たんするんだよ。欲にまかせるとね、見栄や面子にこだわるようになる。心の中が欲の嵐に見舞われてね、みずからが木の葉となって翩翻とする。事業には、冷静な目が必要なんだよ。冷徹な見通し、というか、見こみ、将来を見据える目、静かな凪の心がいるんだよ。
動にあって静を失わずだな。

酒は飲んでもいいが、酒にのまれるなというね、これと同じだ。欲にのまれるとだめなんだ。冷静な判断力を失うからね。

ただね、こういう手痛い失敗を繰り返しながら、人間は学んでいくものだ。何度も失敗して、最後に成功した、という事例もあるし、ま、そういう、何というか、明日のジョーじゃないけど、何度でも立ち上がり勝利する者もいる。まあ、人生いろいろいだよ。

ただ、どのような事業を起こすにしても、元手がいる、お金は必ずいる。土地の取得、オフィス、人、物の購入、販売拠点、とか、事業というのは一大創作物だな。
理想としては、あまり元手をかけずにね、必要なものまでけちる、ということではなくてそれ相応のもので、建物とかね、そうして勤倹力行で業務をこなしていく。基本は質素倹約でいいと思う。
そうしてね、何か、記念日とか、誕生日とか、節目節目にね、事があれば皆を招待して、一時の慰労の宴を設けるとか。

個人においても勤倹力行、質素倹約だが、たまにね、旅行するとか、まあ何か趣味に打ち込むとか、うるおいだな、メリハリは必要だと思う。時に、リッチな気分を味わうのもかえってよいことだと思うよ。
でもね、我々は貴族でもないし、江戸時代の武士でもない、自らの才覚で、独立不羈の精神で事業を立ち上げ、これを全うせんとする、そのことにおいて平等であるし、自由であるし、民主的な環境でもあるから、個人の力を思い切り発揮できる環境でもある。この意味ではいい時代だと思うよ、現代は。
でもね、そうであるが故に、一体何をしたらいいのかという方向性を見失いがちな傾向もあるね。

「繁栄の神に近づけ」という教えもあるけど、私としては「常勝思考」だな。これが、この自由で民主的な社会の中での基本的な心の持ち方であると思う。

この「常勝思考」ありて、一人一人がこれを身につけることによって、才能は一人一人皆違うけど、この心の力によって、個人も社会も繁栄へと方向を定める。このマインド、精神が豊かなる社会の基底だよ。この規定、ベースあってはじめて、人々の集合たる社会、ひいては、国家、これが発展・繁栄するし、繁栄の神に近づくことができる。
基本は一つ「常勝思考」だ。そして「繁栄思考」だ。
失敗からも成功からも学び続け、未来を創造し続ける、これだよ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。