スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「素人」発言よりこちらが問題

「素人」発言よりこちらが問題

幸福実現党・北野光夫氏のオフィシャルブログから転載


一川防衛大臣の「詳細に知らない」発言が問題になっています。

  

簡単に説明すると、参院復興特別委員会の場で、

95年の沖縄で起きた海兵隊員による少女暴行事件の内容を知っているかとの質問に対し、

一川大臣が「詳細に知らない」と答弁したものです。

問題視されている理由は、沖縄の反基地感情・反米感情が高まり、

普天間移設問題の引き金ともなったと言われている、この事件の詳細を、

責任者である防衛大臣が知らないと言ったからです。

  

まあ、少なくとも、国会議員であれば、防衛大臣でなくても知っていて当然だと思いますので、この批判は正当でしょう。

  

ただ私は、このときの答弁の前半部分の方が、さらに問題だと思っております。

実はこのとき、95年の少女暴行事件の内容を知っているかとの質問に対して、

「95年に少女が米軍から暴行を受けたものと認識している」と言っています。

しかし、これは明らかな間違いで、

暴行は米軍がしたものではなく、米軍の兵士個人(3名)が行ったものです。

もっとも、悪意あるマスコミはこの事件の報道に

「米軍による少女暴行」と誤った書き方をあえてしていましたので、

イメージ的には米軍=危険という刷りこみがなされてしまいましたが…。

  

質問をした佐藤議員もスルーしています(佐藤議員も「米軍が」と言っていますので…)が、

個人が起こした事件を米軍そのものとこじつけて危険視しているのが、

今の沖縄反米感情の本質ではないかと思います。

  

しかし、例えば、Aという企業の一社員が暴行事件を起こしたからといって、

A企業が暴行事件を起こしたとは言わないでしょう。

また、社員が事件を起こしたからと言って、

会社の製品やその会社の事業が必要ないということにはならないでしょう。

全く次元の違う話です。

  

一川大臣には、個人の犯罪と米軍そのものとは峻別して議論しないといけないという意識すらないのでしょう。

一連の発言からは、単なる失言の問題ではなく、

日本の防衛のために何をすべきかということに、全く意識がいっていないことが感じ取れます。

仕事をする意識のない大臣は、簡単に官僚に丸めこまれます。

大臣の椅子の心地よさだけを感じている、「なんちゃって防衛大臣」ですね。

国防の危機が迫るときには、こういう大臣は百害あって一利なしです。

野田総理もこの人が適材であると本当に考えているようなら、

総理自身が適材ではないと言わざるを得ないですね。  

kitano
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。