スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民皆保険は国家的な詐欺

国民皆保険は国家的な詐欺

幸福実現党 伊藤希望氏のブログから転載


全紙、取り上げておりますが、

年金保険料の引き上げが検討されています。

具体的には標準報酬月額を62万円から121万円までに引き上げ、

保険料の月額は10万2千円から19万9千円に跳ね上がります。

※労使折半。本人負担は5万1千円から9万9500円に。

さらに、現在は払った保険料に比例して年金が支給されますが、

62万円を超える部分を半分に評価する案が浮上しています。


つまり、

「あなたは収入がたくさんあるので、

来年から保険料が上がります」

「でも、受取額は下がります」


こんなことをもし、民間の保険業者から言われたら、

どうしますか?

私だったら、解約します。

解約するだけでなく、集団訴訟、起こします。


だってそうじゃありませんか。

契約するときは

「月額5万円で、60歳以降、月20万支給します」

といっていたのに、

「月額10万円にしてください」

「支給開始年齢は65歳からです」

「月20万っていってましたが、月16万で・・・」


民間の保険会社だったら詐欺罪で訴えられます。

政府だからといって許されることなのでしょうか?


でも、みなさんは優しいので、

「今、年金を受け取られている高齢者の方のために払わないと」

と思われるかもしれません。


でも、その善意に付け込んで、

何の経営努力もせず、

取りやすいところからとっていく、

政府のその姿勢が許せません。


保険料引き上げとパートの加入拡大はどちらも

厚生年金に加入をしている人が対象者です。

厚生年金は源泉徴収なので、

払いたくなくても強制的に払わされます。


それと対照的に

国民年金の未納率は40%を超えています。

また、厚生年金を払わない会社が100万社あると言われています。

この問題を解決しないで

安易に保険料を上げ、

厚生年金の加入者を拡大させようとしているのを見ると、

厚生労働省の

「取りすいところから取ってやろう」

という考えがよくわかります。


ルールに違反する人には負担がかからず、

ルールに従えば負担がさらに増していく。

こんな不公平があっていいはずありません。



少なくとも、

ルールを守っている人が一方的に負担を押し付けられる

「国民皆保険」をやめて、

任意加入にすべきです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。