スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ついき秀学のMirai Vision】政治家は松下幸之助の如く「理念」語れ

【ついき秀学のMirai Vision】政治家は松下幸之助の如く「理念」語れ
サンケイビズ
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110923/mca1109230501002-n1.htm

 野田佳彦総理という松下政経塾出身者初の首相が誕生したことで、同塾の設立者である故・松下幸之助の思想が改めて評価されています。世界的企業の松下電器(現パナソニック)を松下が一代で創り上げるにあたり、「松下電器は人をつくるところです。併せて電気器具もつくっております」との言葉で知られるように、人材育成を経営の根幹に据えつつ、「水道哲学」などの高邁な経営理念を内外に広く宣明してきたことはあまりに有名です。

 ◆なぜ理念語れぬ

 ところが、パナソニック会長の中村邦夫氏は近著『これからのリーダーに知っておいてほしいこと』(PHP研究所)で、経営理念について意外な述懐をしています。キヤノン会長の御手洗冨士夫氏が以前、工場建設のために米国視察に赴き、パナソニックの米国工場を訪問した際のエピソードです。工場責任者から滔々とパナソニックの経営理念を聞かされた御手洗氏が最後に「工場はもうかっているか」と聞くと、「実は赤字です」との答え。これを御手洗氏から聞いた中村氏は“そんなアホなことを言っていてはいかん”と痛感し、経営理念は社内で語られるものであって、社外に話すべきではなく、慎重でなければならないと説いています。

 中村氏は2000年6月に松下電器の社長就任後、「創業者の経営理念以外はすべて変える」方針のもと、事業部制の廃止など聖域なき改革を断行、創業以来の大赤字に沈んだ同社を見事にV字回復させました。そうした中村氏の業績は高く評価されてしかるべきです。

 しかし、経営理念を社外に積極的に話すべきでないとする考え方は、松下の思想からは大きく逸脱しています。既に上記の中村氏の著書の中にも、松下の次のような言葉が含まれています。「外部の人々が(中略)松下電器の経営に対する理念を知って、個々の商品においてはたとえ満足しない場合があっても、松下電器はそれだけの理念をもってやっているのだからいずれはよくなるであろうと認めてもらう。こういうように会社の大きな経営理念を一般社会に認識してもらうのでなければならない」

 かつての松下電器の強みは、高い志や理想を経営理念として掲げて社員の使命感を高めると共に、これを外部にも広く浸透させることによって、顧客からの信頼感やブランド・イメージを確立していくところにありました。松下電器に対する一種の“信仰”を広げている面があり、宗教的な手法といえるでしょう。

 この観点からすると、中村改革以降、高い志や社会貢献の理想を積極的に打ち出せなくなり、かつ松下という“教祖”の名を社名から外し、パナソニックと名前を変えた同社は、残念ながら単なる一事業会社に退化したと言うべきかもしれません。

 ◆世界平和や繁栄への貢献目指せ

 翻って、日本の政治に目を向けると、国家の“経営理念”の不在がこの国の前途に暗い影を落としています。この20年間、日本の政治は、バブル崩壊や長引くデフレ、少子高齢化や人口減への無為無策、そして国際環境の変化に対応できない旧態依然とした国防政策など、数多くの失敗が目立ちます。戦後の焼け野原から出発して高度成長を遂げる過程では、欧米先進国の後ろ姿を見ていればよかったのですが、フロントランナーとなった途端に目標を喪失し、国家として何をどうすべきかを導く理念を見いだせないまま、長期にわたる停滞にあえいでいます。

 松下幸之助が、安くて質の良い電化製品を豊富に供給することで、世の中から貧乏を追放し、人々に幸福をもたらすことが「産業人の使命」であると目覚めたことに倣うなら、私たちも、自国の外交防衛力や経済力、文化力の強化発展を通じて、世界人類の平和と繁栄と幸福に資することが「日本人の使命」であると目覚めなければなりません。政治家にはそのような理念を掲げて、国民をまとめ上げ、日本を新しい時代に導く責務があります。松下翁の薫陶を受けたにもかかわらず、その役割を担う気のない野田首相以下の民主党政権に替わり、これを実行する気概と能力を有しているのが幸福実現党なのです。

【プロフィル】ついき秀学
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。