スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菅内閣はドッキリカメラ?!

菅内閣はドッキリカメラ?!

笠巻けんや「国難打破」「日本再建」を目指して! から転載

昨晩、インターネットで「実際は海水注入停止せず」という、下記記事を見て、のけぞりました!

これはドッキリカメラか?!

「中断自体をなかったことにするとは、究極の隠蔽工作だ」とも思いましたが、他の関連記事を読むにつれて、「現場の英断によって、本当に首相指示を無視した」という可能性も高いと感じました。

   
原発所長が独自判断「注入継続が重要」実際は海水注入停止せず
2011.5.26 産経ニュース

 東京電力福島第1原発1号機への海水注入が一時中断したとされた問題で、東京電力は26日、実際には海水注入の停止は行われていなかったと発表した。同原発の吉田昌郎所長が「事故の進展を防止するためには、原子炉への注水の継続が何よりも重要」と判断し、実際に停止は行わなかったという。本店の指示に反し、現場が独自の判断をしていた。指示系統のあり方が問題となるとともに、事故対応をめぐる連携の悪さが改めて浮き彫りとなった。

 会見した東電の武藤栄副社長は「これまで、説明してきた中身が、現場が錯(さく)綜(そう)する中で事実と違い、申し訳ない。コミュニケーションの行き違いがあった」と謝罪した。

 吉田所長の判断については「技術的には妥当だった」(武藤副社長)とした。吉田所長の処分については今後検討するという。

。東電によると、海水注入は3月12日午後7時4分に開始。21分後の午後7時25分に、首相官邸に派遣した東電社員から「首相の了解が得られていない」との連絡が東電本店にあったため、本店と原発でテレビ会議を行い、注入の停止を決定した。しかし、吉田所長はその決定に従わず、独自の判断で注入を続けたという。

 東電本店の社員が24日から25日にかけて、状況を再確認するため同原発で吉田所長から事情を聴取し、事実が判明した。吉田所長は「新聞や国会で話題になっており、IAEA(国際原子力機関)の調査団も来ていることから、事故の評価解析は正しい事実に基づいて行われるべきだと考えた」と説明し、事実を明らかにしたという。<引用以上>


どちらにしても、菅首相には、辞任して頂き、責任を取ってもらうほかありません。更なる嘘を塗り重ねての隠蔽であれば、許されないことですし、記事が本当であれば、それこそ大問題です。

震災発生から28分後に、災害対策基本法に基づき、管直人首相を本部長とする緊急災害本部が設置され、東電もその指揮下に入っていますので、当然すべての責任は管首相にあります。多くの人命に関わる重大な問題に対して、基本的な情報収集を怠り、専門家からしたら常識といえる当たり前のことを逆判断し、現場からは無視されるという、指揮官としてはあるまじき失態をおかしたということです。指揮官としての無能が改めて明白になったわけですので、即刻辞任すべきです。

菅首相への最後のお願いとして、6月早々にも、内閣不信任案が提出されようとしていますが、議決される前に、自ら辞任される潔さを望みたい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。