スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球物理学者の竹内均の霊言 ―日本沈没はありえるか― 

 地球物理学者の竹内均の霊言 ―日本沈没はありえるか― 
【オーパの幸福実現党応援宣言より転載】 

<大川隆法総裁コメント>

・地球物理学者の竹内均教授は、映画「日本沈没」に出演され、宗教にも関心があり、ある程度、思想的には当会とも親和性はある方だと思う。今回の震災に関して、非常に関心を持っておられると思うので、今後の参考になる意見を訊きたい。


Q1…今回の巨大な地震について、プレートテクトニクスの観点から原因を教えて下さい。

・今回の地震は、起きる必然性はあったと思う。東北沖、東海、南海、九州沖、どこから始まってもおかしくはなかった。

・(今回の地震は)いろいろと予算を削り、地震対策にお金をかけず、目先のばら撒きに熱心な政党が政権を取ったときに起きた。これは一つの象徴的なものを感じる。与党は、防災面でのインフラを充実させることが、国民の生活、幸福を護ることになるという認識が十分でなかった。国民の命を護るといっていたが、全然護っていない。

・「最小不幸」(社会を実現する)内閣と言っているときに、「最大不幸」が起きている。基本的な考え方の中に天罰に当たる逆発想が忍び込んでいたと思う。古文書等でも、地震や噴火、津波、天変地異等が起きる時は、たいてい政治の乱れがあると考えられている。

・私は、今回の地震を「民主党地震」と名付けたい。日本の舵取りを大きく間違ったということ、幸福の科学や幸福実現党が一生懸命訴えていることに対して、マスコミや民間の人々が冷たくあしらっていたことへの仏罰があるように思う。

・結果的に、最大不幸社会を実現することが内閣の使命という(菅さんの)心の中にある姿が描き出されていると思う。

・また、皇室にも問題があると思う。昭和天皇が亡くなられてから、バブル崩壊、阪神大震災、今回の東日本大震災、景気後退、国防上の危機など、政治も沈没の流れに入っているようにみえる。皇室の中に、敗戦を背負って存続に向かったことへの自己卑下的、自己処罰的な考えがあるのだと思う。その皇室の考え方と、今の内閣の考え方とが、非常に共鳴し合っているように感じる。日本存亡の危機と、国体の存亡の危機が同時に来そう。


― 今後、どういったところで地震の可能性がありますか?

・数年以内に、また大きいのが来る可能性が極めて高い。地殻変動が、霊的にも物理的にも起き始めている感じ。日本の存在意義が問われている。日本のマスコミの体質を壊滅的に追い込むところまで、天変地異が止まらないと思う。

・今、日本は唯物論、無神論国家として沈没することをよしとするのかどうか、踏み絵を踏まされている。天意の表れと見て、謙虚に反省すべき時が来ている。


Q2…福島では、原発が厳しい状況になっていますが、天上界では原子力エネルギーを、どう評価しているのか、ご見解をお教え下さい。

・原発問題については、これから廃止運動等、左翼運動に似たものが、いっぱい出てくる。ただ、それでは結局、エネルギー源を原油に頼ることになる。

・海外の報道を見れば、日本の原発事故を、今後の世界の原子力発電のサンプルにしたいという感じ。日本は、地震や災害(対策)に対して最先進国。その中で原発開発を推進している。たから、(今回の原発事故は)世界の今後のエネルギー供給に関して大きな課題である。

・オバマ大統領は太陽光や風力、潮力等、油を使わない電力供給を言っているが、現在の重油等を使った火力発電、ダムを使った水力発電、原子力発電に替わるものにはならない。グリーン革命は、設備投資に費用がかかるわりに、生産エネルギー効率が悪い。地球に優しいイメージ戦略でしかないと思われる。

・エネルギー不足、食糧不足、水不足等で、さらに震災があると、今度は世界でいろんな戦争が起きる時代が来る。この対策は、地球レベルで考えなければいけない問題。原発は保護・改善し、前進させること。日本はこの危機を通り越し、安全な原発羊ネルギーの開発、安定供給を作る必要がある。原発エネルギーは、平和利用する限り、天上界から見て悪ではない。いろんな事故も、進化のステップにすること。

・次のエネルギー源としては重水素。重水素から分離するエネルギーが、次のエネルギー源になると思う。


― 今後、地震を予知する科学技術の可能性は?

・一つは地磁気。大きな地震が起きる前、プレートが沈んでいく時に、微細な地磁気の変化が現れる。後は水位。昔から地震が起きる前は、井戸水が急速に下がることがあった。また、科学的に実証はできていないが、地震が起きる前は、地震雲が現れて発光する。それから、本震が起きる前は深海でマグマが吹き、温度が上昇するため、深海魚等が打ち上げられる。今後は、深海に深海調査船を出して、海底調査をしなければいけない。

・今後は、山の中腹に、防災、防空都市を作ったり、山の上のほうに住処を作ることも大事になるかもしれない。海没はすると思うので、防潮堤等は甘く見ない方がいい。


Q3…今回の大災害を機会に、日本の防災について見直していきたいと思います。竹内先生の考える、防災の優先順位を敢えて下さい。

・首都と大阪はこの国の頭脳になるので護らないといけない。次、密集地を狙われたら、マグニチュード7台でも、相当な被害が出る。防災について研究をしておいたほうがいい。

・次にマグニチュード9.0の地震が起きると、恐れるのは火山爆発。今度は、火山灰も降ってくるかもしれない。予め対抗策を作っておくことが大事。

・三大都市圏、東京、大阪、名古屋は、壊滅的にならないように考えること。また、今回は、電力の問題も相当出てきたので、電力の供給システムに、もう一段の予備力がいる。もう一つは、物流システムのバックアップ機能が働くようにしないと危険度は極めて高い。

・防災関連におけるセキリュティーの、全国ネットの会社をつくれる可能性があるように思う。医療、食料、水、電気、いろんなものを含めて、レスキュー体制をつくれる民間会社を起こすチャンスが来ていると思う。


― 約三年前にも、岩手・宮城内陸地震がありました。三年間で、大きい地震が二つ襲ってきているのは、小沢さん等、政治家の資質が関係しているのでしょうか。

・関係はあるかもしれない。民主主義の場合、選挙民に人を見る目がないと、自分にかかってくる不幸を振り払うことはできない。危機に関して見る目がなかった責任はあるだろう。

・そろそろ間違いに気づくべき。日本は、新聞社、テレビ局、大手出版社の週刊誌等を牛耳っている人たち百人ぐらいの手によって、国民の幸・不幸が支配されているということを知らなければいけない。
      
・今後、東京電力も危機的状況になると思うが、政治のほうの責任も問わなければいけないし、こうした震災に対して、後手後手の日銀総裁を選んだのは、民主党の横槍のため。

・あなた方(幸福の科学・幸福実現党)はいいことを言っていたのに、それを報道しなかった社会的責任はある。大川総裁が、鳩山さん、菅さんでは駄目だと言っていたことを正確に取り上げておけば、国民は事前に分かった。

・まだまだ災難は続く。それは、為政者が国を愛していないし、国民も愛してないから。

・内閣は、もっと未来志向になって、国民に夢を語り、希望を語れないといけない。


― 最後に、竹内先生の過去世について敢えていただければと思います。

・私の直近の過去世は、欧米の科学者コペルニクス。他にも昔、科学者で出たことはある。

~~~

この「地球物理学者の竹内均の霊言」は大川隆法総裁の新刊として4月中旬発刊予定です。

『震災復興への道』未来復活の未来ビジョン(仮)~同時収録 地球物理学者・竹内均の霊言 著者 大川隆法

国家的危機をプラスに転じさせる復興プランは、これだ!
  

「竹内均の霊言」では、今回の震災を「民主党震災、民主党地震」と呼んでいた事が印象的です。

今回の東北地方を襲った大地震は、かつての社会党、村山政権の時に発生した阪神大震災の時と状況が酷似しています。

前回も左翼の社民党、今回も左翼の民主党政権の時、この様な大震災が発生してしまいました。

幸福の科学では、為政者と政治の乱れと天変地異の関係は、相関関係があるという事は当然の話しなのですが、世間一般的には浸透していないものだと思います。

次の選挙で幸福実現党が政権を取ることができれば、かなり天災を抑えることができるのではないかとは思いますが、この国のマスコミ、国民感情が変わらない限り次々と災難はやって来るかもしれません。

今、日本に仏陀が再誕し『救世の法』を説き、人々の魂の救済をしているということを知らねばなりません。

震災にあったこの日本を復興させるために今必要なのは、日本国民が再誕の仏陀である、主エル・カンターレ、大川隆法総裁の説く仏法真理を信じることです。

インド、ブラジル、ウガンダ、フィリピンなどでは、大川隆法総裁が再誕の仏陀であるという認識が広がりつつあります。

日本国民は、その事実をはやく認識すべきです。

無神論、唯物論を是認するマスコミと国民も、幸福の科学と幸福実現党に対して無視を決め込み、神仏を敬う気持ちを持つ人が増えなければ、また次の国難が訪れるでしょうし、「日本沈没」はあり得るでしょう。

日本沈没を守るために必要なのは、エル・カンターレ信仰なのです。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。