スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最小不幸社会の正体、見えたり!!

幸福実現党佐藤直史さんのブログから転載です。

最小不幸社会の正体、見えたり!!



政府は、共通番号制度を2015年1月に導入する方針を固めました。
共通番号制度とは、国民一人一人に番号を付け、ICカード1枚にまとめ、政府が個人の所得や社会保障に関する情報を一括管理するというものです。

年金・医療・福祉などの社会保障分野や、確定申告などの税務分野のほか、転出入・転職・結婚などの手続きが簡素化されるため、利用者にとっては大変便利になると言います。

しかし、それは表向きの話でしょう?

この制度の出発点は、サービスの向上というより、管理する側の都合であることは否めません。

共通番号制度の導入により、銀行や証券会社の口座の有無や残高などが把握できるようになります。
国が個人の所得や資産をチェックできるようになるわけです。

確か、昨年の6月、菅首相は言ってましたよね?
消費税率を上げた場合、低所得者には減税や給付金の支給を行うこともあると・・・。

国民一人ひとりの全収入・全財産を国が一元管理することによって、個々の所得や資産を把握し、お金を持っている人には高い税金を課し、貧しい人に平等に分け合おうとしているんでしょう?

これでは、広く公平に負担を求める消費税とは言えないではないですか。
富裕層を狙い撃ちした“富裕税”と名前を変えたほうがよろしいのでは?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。