スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『救世の法』セミナー 『救世の法』講義 要旨

『救世の法』セミナー 『救世の法』講義
2011年1月16日(日)、幸福の科学・東京正心館にて大川隆法党創立者兼党名誉総裁の講演会『救世の法』セミナーが開催されました。以下、講演会の内容の一部抜粋要旨です。
【オーパの幸福実現党宣言より転載】
『救世の法』セミナー 『救世の法』講義 要旨

・今年は、1981年に大悟してから30周年、1986年に幸福の科学の活動がスタートしてから25周年、1991年に宗教法人に認可がおりてから20周年という、ひとつの区切りの年でもあります。

・30年間、いろいろと活動してきましたが、まだまだこの国の「常識」を根本的に覆すところには至っていないというのが実感です。

・宗教の存在を否定することを旨とするような論調がまかり通ってます。宗教を尊敬しないような国家が、このまま成長・繁栄の道を歩むことが許され続けるのかどうか、ということを問うているわけであります。

・外国と比べても、日本の国は精神的基盤が弱いんです。精神的バックボーンのなさが、国としての政治や外交、様々なところにも影響が出ておりますし、教育においても情けない価値観を子供たちに教え続けているようです。その反作用が、主として国公立における、学級崩壊やいじめにつながっているように思います。

・私は、何度も何度も繰り返し申し上げておりますけれども、この日本という国に、一本、きちっと背骨を立てたいんです。背骨を通したいんです。

・どの国においても、その背骨にあたるものは、国家としての基本的な精神です。基本的な精神はどこからきているかというと、道徳から来ているし、道徳のもとにあるのは、宗教です。

・ですから、宗教のところがしっかりしていなければ、国というのはふにゃふにゃの状態になるのです。

・世界の中でトップを争っている国が、なんらの精神的な発信をすることもできず、オピニオンも発信することもできず、世界に対するリーダーシップもとれないでいるという状況は、実に実に情けない状況であるということを、もっともっと知らなければなりません。

・それだけの責任を負ってないということに対して、恥ずかしいという気持ちを持たねばならないのではないでしょうか。

・『救世の法』第四章では、イスラム教とキリスト教の対立が、今後どのようになるかということについても書いています。

・心配されているのは、すでに核兵器を持っているイスラエルと、核兵器をもうすぐ製造し、持つであろうといわれているイランです。

・核戦争が起きるかどうか。また、イランが核兵器を使えるようになる前に、イスラエルが攻撃するか、しないか。イランの核保有を認めたら、おそらくサウジアラビアや、エジプトも核武装するのは確実であるので、イスラム教圏のなかでは、現在イスラエルだけが核武装しているのに、核武装したイスラム国にイスラエルが囲まれるという状況をだまって見過ごすかどうか、こういうことが、ここ10年ぐらいの間に懸念される事態のひとつです。

・ここでもし核戦争が起きれば、旧約聖書や新約聖書で預言されているアルマゲドンになります。最終戦争になるかどうかが懸念されるところでありますけれども、その戦いやあるいは対立が起きている理由についても、私はこの書籍の中で書いてあります。

・本来同じ神様なんですけれども、その辺が理解しあえない部分と、偶像崇拝否定や教えが混在している部分があって、整理ができていないので、戦いが起きています。今、私はそうした世界宗教のルーツを整理して、世界紛争の根っこから、なくそうとしているところです。

・核兵器より前に、宗教の根本から、根本的に勘違い、相互理解のできていないところを直そうとしているところであります。


※【質疑応答】「中国の民主化」について

・私はいいほうにもっていく自信があります。

・経済が活発になれば、情報が自由になっていかないと進まなくなるのです(情報が自由になれば、言論統制がなくなり民主化が進む)。

・この10年の間にひっくりかえります。

・思想や文化で戦います。

・国ごと啓蒙しようとしていますから、志は大きいですが、「中国の覇権を抑えてアジアの平和をつくる」と同時に、「イスラム教圏とキリスト教圏の世界戦争やめさせる」、この2つのミッションを私たちは持っています。
救世の法
救世の法―信仰と未来社会


『救世の法 特説サイト』から

1.宗教はなぜ必要か
人間は誰もが死を迎えます。これは、100パーセントの確率で予言できます。
あの世の有無については意見が分かれますが、あの世が存在しないと証明できた人は歴史上一人もおりません。しかし、あの世の存在を認める方は、釈尊やプラトンをはじめ、現代に至るまで数多く存在します。
宗教はあの世の存在を認め、苦しい地獄の世界ではなく、幸せな天国の世界に還るための正しい生き方を教えます。

2.どうして信じる必要があるのでしょうか
人間は死後、あの世に還りますが、あの世に持って還れるものは心しかありません。
ですから、地上に生きている間に、信仰心を持つことが大切です。あの世の地獄では、天使や菩薩、如来たちが自分を救い出してくれることを、多くの人が待っている状態です。生きている時から信仰心があると、あの世の天使や菩薩が救いに来てくれます。

3.幸福の科学は何を目指しているのでしょうか
幸福の科学は、苦しんでいる人々の魂を救済し、真実の幸福へと導くために、日本はもとより世界各地で日夜活動を続けております。東洋と西洋の両方の文明を併せ持ち、繁栄を享受している日本から、世界の人々に仏法真理を伝え、民族や人種の枠を越えた普遍的な「世界宗教」をめざしております。

4.先の大戦は、宗教(天皇制)が原因で起きたのではないでしょうか
日本では、聖徳太子以来、仏教と神道が融和しながら、国を運営してきましたが、明治維新以降は国家神道となり、廃仏毀釈と言って、お寺や仏像を打ち壊すことを始めました。
日本神道を一神教として立てて、ほかの宗教を排除しようとした姿勢が一種の驕りとなり、敗戦につながった面があると思いますが、宗教そのものを全面否定することなく、仏教的な寛容性を持った宗教を大事にする必要があると思います。

5.現代においても、宗教はそんなに大事なんでしょうか
現在、日本の脅威として新聞やテレビのニュースで取り上げられている中国と北朝鮮は「宗教はアヘン」と言ったマルクス思想を信奉する国です。
これら唯物論の国では人権の中心にある信教の自由が保障されておらず、ノーベル平和賞の劉暁波氏のように言論の自由も抑圧された状況にあります。
日本は、国民の自由や人権を守り、毅然たる国家を創るためにも宗教を尊重することが大切です。

6.平和を説く宗教が、なぜ世界紛争を、起しているのでしょうか
日本人には分かりにくいテーマですが、キリスト教文明とイスラム教文明の対立の背景には、二千年を超える歴史があります。一神教の宗教同士が戦うと、どちらかが倒れるまで戦う可能性があるので、「多様な価値観を融合させながらも、信仰心は捨てない」という日本的な考え方が、宗教が調和しながら発展していくモデルになると思います。

本書では、宗教対立の霊的な背景も明らかにしております。

7.2012年の「マヤの予言」がありますが人類の未来はどうなるのでしょうか
すでに、2004年スマトラ島沖地震による大津波、2005年アメリカの一部地域で一時ハリケーンによる水没、2008年ミャンマーでサイクロンによる大規模災害、中国四川省の大地震などが起き始めておりますが、これからも、「この世の終わり」のような状況が何度も起きると思います。これは、人類に対する天からの警告として受け止め、物質的な発展に釣り合う「心の発展」が必要だと思います。

キーワードは、「愛と慈悲」です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。