スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『10/17「横浜緊急デモ」開催!』「10/22尖閣諸島を守れ!緊急抗議デモ in 大阪」「陸奥宗光/小村寿太郎の霊言 ポイントメモ」

Happiness Letter311 『10/17「横浜緊急デモ」開催!』

皆さま、おはようございます!

本日は、明後日10/17(日)にデモ行進を企画・運営している『このままでは日本が危ない!横浜緊急抗議デモ』実行委員長の島崎隆一氏より、2回目(最終回)のメッセージをお届け致します。
☆_%*:.!. .!.:*%_

【島崎隆一氏寄稿】
中国の民主活動家の劉暁波(りゅうぎょうは)氏のノーベル賞受賞者にあたって、オバマ米大統領をはじめ、フランスやドイツなどが劉氏の早期釈放を相次いで求めました。

米国内では「親中派」「弱気」と批判されているオバマ大統領ですら、中国政府に対して正面から劉氏の釈放を要求しておりますが、わが国の首相の口からは「重く受け止めている」と、まるで中国側のような感想が出たに過ぎませんでした。

昨日14日の予算委員会の答弁においても、劉氏の釈放要求の声明を求める野党側に対し、菅首相は「釈放されるのが望ましい」と答えるのがやっとでした。(この菅氏の発言でも中国側は「内政干渉は許されない」と強く反発)

菅総理自身は、北朝鮮による日本人拉致実行犯の辛光洙(シン・ガンス)元死刑囚の釈放嘆願書に署名したにもかかわらず、劉氏の釈放要求については、なぜか明言を避けています。

菅直人氏は、日本人の命と自由を奪った北朝鮮の拉致実行犯を守る気概はあっても、中国民主化のために身命を賭して闘っているノーベル平和賞受賞者は獄に繋がれたままでも構わないのでしょうか?

私たちは日本国民として、日中両政府に対して、断固として抗議の意を申し述べたいと存じます。

つきましては、オバマ米大統領や胡錦濤(こきんとう)国家主席も参加するAPEC(アジア太平洋経済協力会議)が11月に予定される横浜において、尖閣危機や劉暁波氏の釈放要求、日中両政府の対応に抗議する《緊急デモ行進》を開催させて頂きます!

今後も予想される中国からの圧力に屈することなく、この国を守る「日本国民としての気概」を示し、民主党政権の弱腰外交の是正と、国防政策の強化を訴えて参りましょう!!

首都圏のみならず、全国からの多くの皆様のご参加ご協力を心よりお待ち申し上げております!

■開催日:10月17日(日)
■集合場所:横浜公園(JR関内駅南口から徒歩2分)
■集合時間:12:00(出発時間:12:15)
■終了時間:13:30頃予定(解散場所:大通公園)
■主なデモコース:県庁前周辺、場所道周辺、伊勢佐木モール、大通り公園等
※当日、10時45分からとデモ終了後に、桜木町駅前にて街宣活動を予定。




幸福実現党-深田としこ氏のブログから

<尖閣諸島を守れ!緊急抗議デモ in 大阪>開催のお知らせ

このままでは日本が危ない!

<尖閣諸島を守れ!緊急抗議デモ>開催のお知らせ

ついに起きてしまった尖閣危機。

今後も予想される中国からの圧力に屈することなく、この国の安全を守る、
日本国民としての気概を示し、民主党政権の弱腰外交の是正と、
国防政策の強化を訴えてまいります。

正しい未来のための警鐘を鳴らし続けるのが、
私たちの使命です。

☆*:・゜☆*:・

開催日 10月22日(金)

集合場所 大阪市役所南側・中之島公園
(地下鉄御堂筋線・京阪電車/淀屋橋駅徒歩2分)

集合時間 13:00
出発時間 13:20
終了時間 15:00(解散予定)

解散場所 難波高島屋南、元町交差点

主なデモコース:大阪市役所前~難波(御堂筋を南下)

主催 尖閣諸島を守れ!関西実行委員会




「幸福維新の志士となれ」さんから転載。

陸奥宗光/小村寿太郎の霊言 ポイントメモ

現在の尖閣危機、日米同盟の在り方など、個人的にポイントと思った点。




<陸奥宗光>

陸奥宗光『ウィキペディア(Wikipedia)』より

陸奥 宗光(むつ むねみつ、天保15年7月7日(1844年8月20日) - 明治30年(1897年)8月24日)は、日本の武士・紀州藩士、政治家、外交官。「カミソリ大臣」と呼ばれ、外務大臣として不平等条約の改正(条約改正)に辣腕を振るった。江戸時代までの通称は陽之助。

正二位勲一等伯爵。家紋は仙台牡丹。



■戦後マスコミや教育がつくってきた幻想が、今、崩れ落ちようとしている。「ヒトラーが中国の国家主席だったらどうするか」という想定問答を作ってみるとよい。これが、これから10年間で日本が立てなければいけない戦略の基礎になる。

■中国は自分の手を汚さずに、北朝鮮を使って日本を攻撃することができる。北朝鮮への経済援助と引き替えに、「核ミサイルを何本か撃ち込んでおいてくれ」と言えばいいだけ。北朝鮮は三男が後継者になって、ちょうど成果を上げたいところなので、本当に撃つかもしれない。そのあたりは、外交官なら当然考えるあたりの筋だ。

■今の尖閣問題への対処を見ていると、「核を使って日本を火の海にする」と(中国や北朝鮮が)発表した段階で、菅政権は白旗を揚げるだろう。中国が強攻策を譲らなければ日本は引いていくということであれば、アジアの国々は中国のいいなりの方向になびいていく。実はこれが中国の一番の狙い。

■日本の国是のようになっている広島・長崎の平和宣言や黙祷は、もうやめなさい。落としたアメリカが悪いと言いなさい。

■中国の植民地化ならまだいいほうで、最悪の場合、中国の一州に組み入れられる可能性が高い。つまり、香港や台湾と同じように併合されて、中国になってしまうということ。この百年の怨恨からみれば、十分な動機はある。

■経済界の責任も大きい。中国に進出した日本企業の工場も機密データも、すべて国家主席の一言で接収されてしまう。そういうことは考えていないのか。それでもまだ商売が大事なのか。

■損害賠償請求されているが、なんでカウンターをうたないのか。中国製品に関税をかけなさい。

■中国、北朝鮮、ロシア、パキスタンが結びついて、悪魔の枢軸国交をつくられようとしている。これは大変なこと。日本ははっきり認識すべき。

■東郷平八郎精神でいくべき。「撃つならどうぞ。こちらも死にものぐるいで全部撃ち込みます。共に滅びましょう」というぐらい腹を決めろ。悪には屈しないという強い意思を出さないといけない。



<小村寿太郎>

小村壽太郎『ウィキペディア(Wikipedia)』より

 小村 壽太郎(こむら じゅたろう、安政2年9月16日(1855年10月26日) - 明治44年(1911年)11月26日)は、明治の外務官僚である。外交官、外務大臣などを務めた。

侯爵。小村寿太郎とも表記される。初代拓務次官の小村欣一は長男。
外務大臣在任通算7年3ヶ月は現在のところ史上最長である。



■周囲を核大国に囲まれた中で、日本は何を寝言を言っているのか。後ろ手に縛られて手錠をかけられて、「これでもう自由にならなくなった。何一つ悪いことはできません。ありがとうございました」と言っているのが、今の日本の姿。手錠かけられて喜んでいるマゾ国家。

■朝鮮戦争が始まり、アメリカが再軍備せよと言ってきた時に、ちゃんと憲法改正して再軍備すべきだった。ここで元の国に戻さず、カルタゴみたいな通称国家になって金儲けに邁進したのが、大きな罪。経団連も間違っている。このまま商売繁盛を優先すれば、日米同盟破棄のほうに持っていかれる。

■尖閣の次は台湾。順番に取って、次には沖縄の領有宣言が待っていると思う。それでもまだ知事選や市長選をやって民意を問うんですか? リーダーとしての責任を放棄している。

■中国のネットで「日本に原爆を落とせ」という声があると日本のマスコミは報道するが、幸福実現党が何千人規模のデモをやっても報道しない。この国は狂っている。そういうデモをやっていることをバーンと報道するのが、十分な防衛力になるのに。

■沖縄の市長選や知事選で国の外国方針が変わるなどという馬鹿なことを言う総理は、「桜田門外の変」だ。地方分権といって外交判断を地方のせいにし、検察庁を悪者にして一生懸命逃げている。やり方が汚い。

■「日本は侍国家に戻る」と一言宣言すれば、それで終わり。侍なら討ち入りする時は討ち入りするし、正義は通す。



応援クリックお願いします。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 福山情報へ



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。