スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジア・アフリカに平和と繁栄を

幸福実現党・小島一郎氏のブログから

アジア・アフリカに平和と繁栄を

10月11日は愛知県体育館で、大川隆法総裁講演会でした。

タイトルは「宗教の復活」

非常に感動と感銘を受けたので、私が印象に受けた感動した箇所を大まかにお伝えしたいと思います。


ノーベル平和賞を受賞した、劉暁波氏。

中国の一党独裁を止めて民主的な国家へと主張したら、11年の実刑判決となった。

NHKやCNNの中国国内のニュースは、ノーベル平和賞についての報道の箇所は「ブラックアウト」となって、何も知らされないようになっている。

日本の政界も経済界も甘かった。

経済的に繁栄しても中国の本質は変わっていない。

このような情報統制する一党独裁国家、中国は、本質において北朝鮮とあまり変わらない。

自由な考え方、価値観に聴く耳を持つのが大国の条件、国としての在り方である。

それを今回の劉氏のノーベル平和賞受賞によって中国は知らなければならない。

世界の今後は中国のかじ取りにかかっている。中国が民主化するか、それとも、軍事国家として100年遅れの帝国主義に走るか。

自由と民主主義、繁栄主義のために努力を惜しまない。その根本にあるものは、信教の自由。

中国人の心の中には深く、神仏への尊崇の思いが流れている。

今こそ中国は進路を変えるべき時である。地方は貧しいままに放置して、巨大な軍事費に費やしている。

かつて日本は第二次大戦で300万人の犠牲を払った。尊い未来ある日本人の命が失われた。その中で、アジアやアフリカの欧米による植民地支配はなくなり、独立していった。

これは、日本の功績である。

日本がものを言える国になること。アジア・アフリカの平和と繁栄のための日本のミッション。今のままでは、中国の軍事拡大によって、アジア・アフリカは恐怖に怯え、未来は暗いものとなる。

このように、日本の政府を批判しても投獄されない日本はいい国である。中国だったらとっくにつかまっている。しかし、もう一段、日本は使命を果たす必要がある。

仏法真理による静かなる革命を起こしていく。

世界を平和と繁栄へ。

言論の自由の根本は、信教の自由があること。中国人にも、言論の自由とその根本の信教の自由を。

日本にも、中国にも「宗教の復活」が必要。正しいものは正しいと言い続ける。それがワールドティーチャーとしての使命である。

以上です。


※内容はかなり不完全ですので、興味のある方はぜひ、お近くの支部で聞かれることをお勧めします。

私の中国人の友人が日本に来た時に、幸福実現党のセミナーにお誘いしたことがあります。

最も感動し、驚いていたことは、「千人以上の規模で集い、現職の総理大臣を大々的に批判していること」でした。しかも、警察に捕まらないことに対してさらに感動していました。

中国では50人以上の集会は禁止。共産党を公然と批判すれば、即投獄されます。いつも気をつけて生きている中国人の目には、私たちの行動は新鮮だったようです。

日本を変え、さらには中国の民主化へ。アジア・アフリカの平和と繁栄に向けて力の限り頑張ってまいります



幸福実現党・中野雄太氏のブログから

静岡市倫理法人会で沖縄レポートⅡを報告

去る10月9日(土)の朝6時半より、静岡市倫理法人会で沖縄レポートⅡを報告しました。今年に入り、沖縄に何度も足を運んでシンポジュームやでも、保守系の重要人物との対話を重ねてきたことは、私にとってかけがえのない経験となりました。5月に一度報告していますが、この時は普天間基地移設問題が決着する前です。そのため、基地移設は辺野古へ速やかに移転し、日米同盟を堅持することが中心でした。

今回は、8月と9月に沖縄に行ったときのレポートです。
まぎれもなく尖閣諸島問題が中心であり、特に9月は事件の最中でしたので、沖縄県民の生の声を聞くことができ、緊迫した情勢をつかむことができました。

様々なことがありますが、報告した内容の大筋は以下の通りです。
内容としては、幸福実現党の政策というよりも、中野雄太個人の見解で出しました。特定の政党や宗教的信条が濃く出てはいけないという、倫理法人会の規約上の問題もあるからです(普遍性を求めているので当然です)。ある意味、個人の見解なので、自由にものが言えることができました。

☆尖閣諸島は日本の固有の領土。きちんと国際舞台で主張するべし
☆沖縄はシナの領土となったことは、歴史上一度もない。
☆沖縄は、国防上の最前線。なぜなら、日米同盟と関連している。米軍の存在は、 極めて重要であり、米軍を追いだすならば、日本は自主防衛するしかない。その 備えがないので、日米同盟堅持は当然(現在の法制度では、海上自衛隊は不審船を攻撃できない。海上保安庁も武装できないので、警護が不完全)。

☆シナの外交は嘘と脅しが基本。日本政府の外交は完全に間違い。
☆安易にシナ人船長を釈放しただけでなく、ビデオを非公開にしたことは決定的な外交上の敗北

☆沖縄(ないし日本全体ともいえる)には、40年近くかけてシナの政治工作が浸透している。マスコミや既存の政 治家が明確にシナに抗議ができない協定が存在する。それを遵守する限り、腰抜け外交は続く。

☆日本は、早急に歴史認識問題と国益を主張する姿勢を保持するべき。国に誇り を持てず、売国を続ける政治家には即刻辞任を要求する。これは政治家として倫理感の問題でもある。今こそ、外交・安全保障のタブーを破る時である。

時間の制約があり、なかなか細部にわたる話はできなかったので、終了後の朝食会で続きをやりました。若い女性でも、全く今まで聞いたことがない話であったのでしょうが、「大変興味深かった」とういう感想を頂きました。

倫理法人会では、11月19日(金)に、清水市倫理法人会で、12月1日には志太倫理法人会で講師をします。両方の会長から直接依頼を受けたことが嬉しかったです。

外交・安全保障問題を政治家が語ることはありません。

しかし、私はこのタブーを破りたいと考え、行動しています。選挙に有利であるとは必ずしも言えませんが、国民に対して真実を伝えることは最低限のマナーです。そして、国会議員を目指すものとしては、外交・安全保障問題は専門家でないと、一体地方議員と何を差別化するというのでしょうか。地位に胡坐をかいている人があまりにも多く、そこを否定的に報道するマスコミにも責任があります。マスコミや既存の政治家が伝えないならば、有志がやるしかありません。

今必要なのは、勇気ある行動です。

分析だけでは不十分です。実際に声に出して行動することです。

日本を護る保守系の人材は、どなたも行動に移します。
吉田松陰先生も、天才と呼ばれた方ですが、どの弟子よりも行動派でした。
真に知ったというならば、行動に示すべきです。

その意味で、私の政治活動は、陽明学や吉田松陰先生の激誠の心を模範としていると言えるかもしれません。



幸福実現党「ゴールデンエイジ、日本へ! こぶな将人 コラム」から

なぜ、私たち幸福実現党は、「中国の真意(日本植民地計画)」を理解し、警告を発しているのか。


民主党亡国論―金丸信・大久保利通・チャーチルの霊言

今回の尖閣諸島における漁船船長さんの逮捕→釈放劇に関する報道のマスコミ関係者、多くの政治関係者、中国問題研究者の中で、気になることがありました。それは、今回の事件について、単なる「外交ゲーム」としか見ていないことです。ゲームの一環として、相手の勝利であったり、敗北であったりということで、主張する論点は確かに「国家主権」が侵されたことに対する怒りでもあるわけです。

私たち幸福実現党は、今回の尖閣問題について、「中国は明確に日本を植民地にしようとしている」と警告を発しています。確かに一面は、「領地を奪いにきた」ということですが、その奥には、非常に恐ろしい計画が隠されていることを主張しています。こうしたことを言っても、残念ながら多くの日本人は、大きな違和感を感じるかもしれません。しかし、一方、中国へ長期出張した方は、その現地の中国人民の気質にふれるとそのことを実感として理解されると思います。

まず、私も1995年に最初に北京市郊外に赴任した時には、日本人ということで、生命の危機を何度も感じました。もともと治安が悪く、殺人事件は、よく発生しており、生命の重さが日本と全く異なることを感じたとともに、この中国人社会がまさにサバイバル社会、弱肉強食社会で、対日強硬路線、アジア覇権主義は、この中国国内での思考方法を単純に国際的に応用しているにすぎないことが分かります。すでに、それから15年程度時間が経過しましたので、現時点の中国も幾分「近代化」していると言え、今回の「レアアース輸出禁止」を行ったということで、欧米社会からも懐疑的な目で見られることになりました。これも、自業自得といえましょう。こうした考え方の帰結として、日中関係については、一つの国家目標として「日本の植民地化」ということが、明らかに現在の中国政府において掲げられていることを日本国民には、ご理解いただくべく、今、幸福実現党は、活動を展開しています。なぜ、こうしたことがわかるのでしょうか。

それは、まさに、幸福実現党名誉総裁でもある、宗教法人幸福の科学 大川隆法総裁の示唆によるものでもあるのです。実は、ことしに入ってから、幸福の科学では「公開霊言」として、誰しも一度はあってみたいと思うような歴史的な人物を招霊し、その時々の国家、経営、教育など様々な問題について、問答形式で霊言を降ろしてくださっています。そうした公開霊言として、中国の元国家主席である毛沢東が、その野望を明らかにしている他、イギリスの宰相チャーチルも、10年後を襲う国家の危機について警告を発し続けています。



マルクス・毛沢東のスピリチュアル・メッセージ―衝撃の真実

【以下、転載いたします。】

「マルクス・毛沢東のスピリチュアル・メッセージ」より
毛沢東の霊言 234頁

『中国は核兵器もだいぶ整備してきたので、一回、日本の総理大臣に土下座させて、命乞いをさせ、無条件降伏をやらせてみたい。一回、やらせてみたいなあ。そうすれば、中国人の積年の怨念は、かなり晴れるだろう。』

「民主党亡国論」より
チャーチルの霊言127頁

『(中国は)野心をはっきりと持っています。日本なんか目じゃないです。(中略)中国文化圏で世界を牛耳るつもりでおりますね。これはヒットラーだとおもったほうがいいです。(中略)80%以上の確率で(日本攻略)やるでしょう。これは、そうとう厳しい戦いになりますね。』

【以上、終了いたします。】

このように、国家の危機的な将来を明確に指摘しており、このまま無為無策のままでは、中国の植民地になるとはっきり主張しています。私たちが「国難」と声をからして訴えているのは、もちろん、戦略的な論点からの結論になることもあるのですが、先にあげた人(高級霊とも言います)たちの警告があることも大きく影響しています。

こうした活動をどのようにお感じになるでしょうか。現在、日本国憲法に規定しているような浅薄な「政教分離」は、『政府が特定の宗教に対して便宜をはかってはならない』という主旨の言葉であると理解していますが、私たちがリアルタイムで取り組んでいる政治活動は、このように、全く異なる次元での議論であることが分かると思います。



ただし、このような霊人の主張をそのままとりいれているわけではなく、私たち自身も、詳細な研究を行い、間違いないと思われる部分について、政策としてみなさまに訴えています。最近では、リバティ11月号でも特集記事になっているとおり、中国軍事専門家の平松茂雄氏、国際政治アナリストの伊藤貢氏、地政学者の奥山真司氏などの情報もしっかり確認したうえでのこうした中国脅威論を展開しているわけです。単なる狂信、盲信でこうした事を主張しているわけではありません。

従いまして、現在の状況を確認する限りでは、中国の首脳は、恐ろしい計画を立ててそれを着実に実行しているにも関わらず、現在の日本の首相は、ベルギーにいって中国首相と会談し、言葉を交わしたことだけで感激をして、中国が圧倒的に不利になる証拠の開示をしないことを決めたそうです。これを文字通り「亡国の徒」と呼ばずして何と呼んだらいいのでしょうか。

今年にはいってから、幸福の科学は、数限りない霊言を行ってきましたが、実は政府の中枢部にはこの情報は逐一報告されているはずです。そして、一部の提言については、実際に政策として実行されています。それが、日銀の景気対策推進であったり、小沢氏の代表選挙での一連の政策転換であります。こうした流れが、実際に起こっている以上、近い将来、間違いなく多くの日本人、世界の方々がこの「霊言」が本物であることを認識することがあると、強く信じて私たちは活動を展開してまいります!


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

 幸福実現男女

Author: 幸福実現男女
自助努力。
積小為大。
発展繁栄。

最新記事
FC2カウンター
月別アーカイブ
リンク
幸福実現党 幸福実現党チャンネル 幸福の科学出版 幸福の科学出版 幸福の科学出版
最新コメント
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。